肝斑の他のシミ詳細【ロスミンローヤルと肝斑】

肝斑と他のシミとの違いなど【ロスミンローヤルと肝斑】

肝斑と他のシミの違い【ロスミンローヤルと肝斑】

 

シミの種類は意外と豊富!

 

老人性色素斑

 

肝斑

 

雀卵斑(ソバカス)

 

遅発性両側性太田母斑

 

脂漏性角化症

 

 

主なシミはこれだけになります。

 

乾板の他にも色々あり、それぞれシミのできる場所などが違っています。

 

 

 

シミごとの特徴

 

老人性色素斑・・・ほっぺたやこめかみ周りによくできる。境界がはっきりとしている大小の薄茶色のシミが特徴。
40代以降が一番多く、男女ともに関係なくできる。

 

 

 

 

雀卵斑(ソバカス)・・・いわゆるそばかすです。直射日光のあたる顔によくでき、
子供のころから発症する。
米粒から小豆代くらいのシミが多発するのが特徴。

 

 

遅発性両側性太田母斑・・・目の周りにできるシミで、灰青色に褐色なのが特徴。
顔の片側だけにできるのが特徴で、見分けるのは比較的簡単。

 

 

脂漏性角化症・・・別名「年寄りいぼ」とも呼ばれ高齢の方の発症が多くなっています。
濃い茶色のいぼのような形が特徴です。
1,2ミリくらいのシミが盛り上がってるので、判断は簡単です。

 

 

 

 

肝斑以外にもシミの種類は沢山ありますね!

 

一般的にはそれぞれが混ざり合ってるで自分がどれか、という判断は難しくなってます。


 

 

ロスミンローヤル,肝斑,薬局,口コミ,効果

 

関連ページ

肝斑ってナニ?【ロスミンローヤルと肝斑】
ロスミンローヤルが肝斑などの症状に効果があるのか調査しました。ロスミンローヤルが薬局などに売ってないか、その口コミについても紹介します。
ロスミンローヤルは肝斑に効果があるのか
ロスミンローヤルが肝斑などの症状に効果があるのか調査しました。ロスミンローヤルが薬局などに売ってないか、その口コミについても紹介します。
ロスミンローヤルが肝斑に効くまでの期間
ロスミンローヤルが肝斑などの症状に効果があるのか調査しました。ロスミンローヤルが薬局などに売ってないか、その口コミについても紹介します。
ロスミンローヤルと肝斑治療法
ロスミンローヤルが肝斑などの症状に効果があるのか調査しました。ロスミンローヤルが薬局などに売ってないか、その口コミについても紹介します。
肝斑の予防方法【ロスミンローヤルと肝斑】
ロスミンローヤルが肝斑などの症状に効果があるのか調査しました。ロスミンローヤルが薬局などに売ってないか、その口コミについても紹介します。
肝斑になる原因解説【ロスミンローヤルと肝斑】
ロスミンローヤルが肝斑などの症状に効果があるのか調査しました。ロスミンローヤルが薬局などに売ってないか、その口コミについても紹介します。

ホーム RSS購読 サイトマップ
肝斑について 基本情報一覧 購入&解約方法 本音の口コミ集 薬局など販売店調査